よくあるご質問

 

企業情報

Q.会社が設立されたのはいつですか?

A.2010年5月31日です。会社の沿革については、こちらをご参照ください。

 

Q.社名の由来を教えて下さい。

A.イグニスは、ラテン語で「火」を意味します。

火を囲うように人が集まり、コミュニケーションが生まれ、人類は進化を遂げました。

そして現代、火は人々の生活に溶け込み、「あたりまえ」の存在になりました。

次のあたりまえを創り続けることで世界を進化させたい。

高い志を持ち、仕事に燃える集合体でありたい、というビジョンが社名に込められています。

 

Q.株式の上場日及び上場証券取引所を教えてください。

A.2014年7月15日に、東京証券取引所マザーズへ上場致しました。

 

Q.関連会社はいくつありますか?

A.当社の主要な連結子会社は、株式会社アイビー、IGNIS AMERICA, INC.、株式会社イグニッション、株式会社IGNIS APPS、株式会社スタジオキング、ALTR THINK株式会社、IGNIS KOREA LTD.、株式会社アイシー、株式会社IGNIS FUKUOKA、株式会社U-NOTEの計10社です。

 

Q.監査法人はどこですか?

A.当社の会計監査は、有限責任 あずさ監査法人が行っております。

 

財務関連情報

Q.決算期はいつになりますか?

A.9月30日です。

 

Q.決算発表はいつになりますか?

A.決算発表は四半期毎に行っています。詳細なスケジュールはIRカレンダーをご覧ください。

 

Q.沈黙期間は設定していますか?

A.当社は、決算情報の漏洩を防止し公平性を確保するため、各決算期末日の翌日より決算発表日までを「沈黙期間」としています。

この期間は、決算に関するお問い合わせへの回答やコメント等を控えております。

 

Q.最新の決算情報はどこから入手できますか?

A.最新の決算情報は、こちらより一括でダウンロードして頂けます。

 

Q.過去の業績に関する資料を見たいのですか?

A.業績についての情報は業績ハイライトをご覧ください。詳細については、IRライブラリーをご参照下さい。

 

株式関連情報

Q.証券コードは何ですか?

A.当社の証券コードは「3689」です。

 

Q.株式の売買単位は何株ですか?

A.100株です。

 

Q.株主優待制度はありますか?

A.現在のところ、株主優待制度はございません。

 

Q.株主総会はいつ開催されますか?

A.定時株主総会は毎年12月中に開催いたします。詳細が決定次第、IRカレンダーでお知らせします。

 

Q.現在の株価はいくらですか?

A.最新の株価情報はこちらをご覧ください。

 

事業内容

Q.どのような事業を行っていますか?

A.主にスマートフォンを対象に、ユーザーニーズが高く、かつ高品質なアプリケーションを提供している企業です。これまで提供してきているアプリのジャンルとしては、スマートフォンの利便性を高めるツール系アプリ、空き時間に手軽に無料で遊べるカジュアルゲーム、ユーザー間のコミュニケーションを楽しみながらプレイできる高品質のネイティブソーシャルゲーム、次世代のコミュニケーション基盤を目指すコミュニケーション系アプリなどがございます。詳細については、 「初めてイグニスへ投資をお考えの方へ及び事業報告動画」をご覧ください。

 

Q.中長期的な成長戦略を教えてください。

A.当社は「次のあたりまえを創る。何度でも」をミッションとして掲げており、億単位のユーザーが日常生活の中で「あたりまえ」のものとして活用するようなプロダクトを何度でも創り出していくことを目指しています。このような長期的目標を達成するために、中期的には1,000万ダウンロード級のプロダクトを複数開発できるようなチームづくりを進めています。ヒット作品は突然生まれるわけではありません。適切な市場をターゲットして、優秀な開発チームが迅速に開発を行うことが必要となります。こうした信念から、当社ではコミュニケーション、カジュアルゲーム、ソーシャルゲームに重点領域を絞り込み、1,000万を超えてダウンロードされるプロダクトの開発に必要なノウハウの蓄積とチーム作りを進めています。もちろん、IT業界は時代の移り変わりの激しい業界です。新たな市場ニーズが、いつどこで生まれるとも限りません。積極的な新規事業へのチャレンジも進めてまいります。

 

Q.イグニスの強みを教えてください。

A.当社は2代表制を敷いており、代表取締役社長の銭がアプリの企画・立案を主導し、代表取締役CTOの鈴木がそれを支える技術面をリードしています。両名とも開発現場の最前線に立ち続けており、常に最新のユーザーニーズや技術に関するトレンドを把握しながら開発陣を指揮しています。また、開発に必要となる投資を素早く意思決定できる点も、トップが責任をもって現場にコミットメントしていることによる強みであると考えています。社風として、プライベートの時間にもさまざまなエンターテインメントに触れることを推奨されていることや、開発陣も「アプリストアに住んでいる」と言われるくらい、最新のアプリのヒットトレンドに精通していることも、新たなヒットを生み出す源泉となっています。

 

その他情報

Q.IRに関する問い合わせは、どうすればいいですか?

A.IRに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

 

IR メール配信サービス
経験者採用多くの職種がオープン!
新卒採用インターン受付中!