株主・投資家の皆様へ

 

2018年9月期は、前期から継続して先行投資を行うとともに、収益基盤のさらなる強化に努めてまいりました。コミュニティ事業『with』の積極的なプロモーションやSMS認証によるログイン機能の実装等により、安定収益の確保に貢献したことや、VR(仮想現実)事業において本格的にプロジェクトがスタートし、多くの話題を集めるなど、新規事業は確実に成長しており、今後サービスの普及拡大が見込まれます。
売上高の6割を占めるゲーム事業は、主力タイトルの『ぼくとドラゴン』が着実に収益の柱として育っており、さらに継続的な新規ゲームの立ち上げを図っております。その他に、新規事業としてAI(人工知能)を活用したビジネス等、収益源の多様化を目指し、積極的な先行投資を行ってまいりました。この結果、当期の業績は売上高4,874百万円(前期比87.4%)、営業損失2,532百万円、経常損失2,571百万円、親会社株主に帰属する当期純損失2,651百万円となりました。
当社は、一つの事業に偏らない多面展開を図り、強固で安定感のある事業ポートフォリオを構成しております。基盤となる収益事業の強化を図るとともに、引き続きVR事業を中心とした事業投資を行ってまいります。
当社はこれまでの経験を基に新しいユーザー体験やこれまでにない価値の創造に向けて何度でも挑戦してまいります。「次のあたりまえを創る。何度でも」が私たちイグニスのミッションです。世界にインパクトを与え、世の中により良いものを提供していく姿勢は変わりません。 今後もより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
代表取締役CTO
銭 錕
鈴木 貴明

2018年9月期 決算説明資料

expression

 

2018年9月期 事業報告動画

 

 

 

IR メール配信サービス
経験者採用多くの職種がオープン!
新卒採用インターン受付中!