ゲームエンジニア

ゲーム事業部 ゲームエンジニア

Profile

2012年9月入社。ゲーム事業部で、ゲームエンジニア(クライアント・サーバーサイド)を担当。
前職は大手IT企業で新しい広告システムの立ち上げを経験。

イグニス入社のきっかけ


「何か新しいことをしたい」というのが、一番大きな動機であったと思います。

前職では最初の1年でサービスの企画、開発、運用まで、一通りの流れを経験することができました。
ただ、このまま会社にいて何ができるかを考えたとき、「同じ職場で同じことを繰り返すよりも、
新しい挑戦をしたい」と考え、すでに知人が働いていたイグニスを選びました。

アプリをリリースしたときの反応を直に感じられるのは、イグニスの魅力のひとつだと思います。
大きな組織で大規模なサービスに携わっていると、どうしてもカスタマーサポートの方を経由しての
フィードバックが中心となってしまいます。
イグニスでは同僚やユーザーの反応に直接触れることができるので、手応えを強く感じることができています。

入社後の印象


自分がやったことがそのまま成果として見えやすく、それが直接会社の成長にもつながる点が良いですね。

自分の案件に責任を持って、本気で取り組む人が多い環境なので、自分もそれについてい
こうと120%の力を出すようにしています。プライベートでも、何かあればすぐプロダク
トのことを考えているくらいでした。
その結果、担当しているプロダクトの売上が目標を大きく上回り、仲間と深夜の居酒屋で盛り上がった時は、本当にうれしかったですね。

苦しい中でも頑張れたのは、「当たった時に大きい」という気持ちと、「立ち上げは苦労して当然、若いときは苦労すべきもの」と思っていたからです。

エンジニアから見たイグニスの魅力


CTOが会社の経営に関わっているので、エンジニアの働く環境を良くしようという取り組みには積極的です。

新しい技術を導入することにも前向きで、最近だとエンジニア全体でHipChat、Qiita:Team、Travis CIなどを導入していましたね。
「お金が多少かかっても、少しでも開発スピードが上がるならやって良い」という方針があるので、そういうことをエンジニア主導でやっていけます。

エンジニアによるギルド制も、非常に良い取り組みだと思います。何が問題で、どう解決したら良いかを話し合い、過去事例の共有と、情報交換をしています。
特にゲームチームは、何をやるにしても必ずPDCAを回しています。
改善点は何で、そのために具体的に何をするのか、組織としてきちんと対応できるように努力をしています。

どんな人と一緒に働きたいか


自分が創るものに対して、本気になっている人です。

この姿勢がある人は、イグニスでも働きやすいと思います。
こだわりをもっても良いけど、自分だけの趣味に陥らない人。
常にサービス目線で、利益にこだわるということに、意識的に取り組める人が成長できる環境だと思います。

IR メール配信サービス
経験者採用多くの職種がオープン!
新卒採用インターン受付中!