ゲームエンジニア

ゲーム事業部 ゲームエンジニア

Profile

2013年7月入社。入社時はアプリ事業部に配属。2013年12月頃よりゲーム事業部へ。
前職ではiPhoneのアプリを主につくっていた。

イグニス入社のきっかけ


学生時代にイグニスでアルバイトをしたことがあり、元々知っている会社でした。
挑戦的な事業をやって失敗しながらも次に繋げている会社なので、たくさん挑戦ができるだろうと
思ったことと、経営者との距離感がないフラットな社風にも惹かれたことが入社の決め手です。

エンジニアから見たイグニスの魅力


サーバー・クライアント共にレベルの高いエンジニアが揃っていて、きちんとノウハウが溜まっています。
エンジニアとして見本にしたい人、刺激を受ける人が多いです。それに、まだまだ一緒に会社を作っていけるフェーズにあるのも魅力ですね。自分の意見がダイレクトに反映されやすいので。
経営陣の現場感覚も高く、問題点や話の吸い上げ方も精度が高いと思います。

自分はアプリ事業部とゲーム事業部の両方を経験していますが、アプリ事業部では小規模の開発が多く、新しい技術を試験的に導入できることが魅力です。
例えば、イグニスで初めてUnityを使って開発した「カピバラヘブン」というカジュアルゲームを担当しました。その経験があったから新規の大規模プロジェクトにUnityを採用出来たのだと思います。

ゲーム事業部では関わる人数も多くなるので、チームで開発する為の効率化などいろいろと試行錯誤しながらやっています。1人では到底作れない規模のものをいかに早く・クオリティ高く作れるかという挑戦ができます。

将来のキャリアプラン


まずはプロジェクトをリードすることができるエンジニアになりたいです。 最新技術を素早く使いこなして、社内教育や情報発信もできるようにしていきたいですね。

一方で、企画を考えたりプロジェクトをまとめたり、プロデューサーとしての立場でも仕事をしてみたいです。

最終的には、面白いことを考えてそれを最高のクオリティで実現できるような人になりたいと思っています。

一緒に働く仲間に求めること


1つは柔軟なことです。変化の激しい業界なので、新しい技術の勉強を苦にしないことと、年齢・経験・職種
に関係なく、周りから吸収したり良い影響を与えられることは必須だと思います。
あと、仕事以外でも楽しんで開発できる人は歓迎です。

そういう人こそが、やりたいと思った時にチャンスをつくっていけるので、入社してくれたら一緒に働きたい
です。お互いにチャンスを増やし合って、良い方向に持っていけるんじゃないかなと思います。

IR メール配信サービス
経験者採用多くの職種がオープン!
新卒採用インターン受付中!