「だーぱんコレクション」が累計2,500万ダウンロード突破

2014年10月06日

株式会社イグニス

690x300

株式会社イグニス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:銭錕、以下「イグニス」)は、イグニスグループで提供するスマートフォン向け無料ネイティブアプリ「だーぱんコレクション」が、累計2,500万ダウンロード*を突破いたしましたので、お知らせをいたします。

「だーぱんコレクション」は、パンダをモチーフにしたオリジナルキャラクター「だーぱん」を用いた、イグニスグループで開発・提供しているスマートフォン向けアプリの総称です。2012年5月に第1作として「サクサク for iPhone」を提供して以降、スマートフォンの使い勝手や日常生活の利便性向上に役立つツール系アプリから、トランプやパズルなどのカジュアルゲームまで、幅広いジャンルのアプリを累計53本提供してきており、イグニスグループの事業の中核である無料ネイティブアプリの成長をけん引してまいりました。

「だーぱん」が誕生したのは2012年5月で、イグニスグループにとっては大きな事業転換の時期でした。それまで1年以上かけて開発を行ってきた「peep」**を休止し、現在の「小さく産んで大きく育てる」というアプリ開発方針に転換するきっかけとなったのが、「だーぱん」を初めてスマートフォンアプリのキャラクターとして活用した「サクサク for iPhone」の大ヒットでした。

それまでのスマートフォン端末の動作速度を回復するアプリは海外製の英語アプリが中心で、日本のユーザーには直感的に使いやすいものではありませんでしたが、「サクサク for iPhone」では、「サクサク度」という端末の動作回復レベルを示す独自の指標を導入し、さらに「だーぱん」の表情を利用することで、動作の回復レベルをビジュアルとしてもわかりやすく表現できるように工夫を行いました。この結果、同アプリはApp Storeのトップ無料総合ランキングで、14日間1位という大ヒットを記録。ユーザーの潜在的なニーズを的確に把握し、短期間で開発を行うことの大切さが社内で認識される大きな転機となる出来事でした。

「サクサクfor iPhone」の成功以降、カジュアルで使いやすいツール系アプリが次々と誕生しました。そして、今ではスマートフォンユーザーにとって「あたりまえのもの」として受け入れられる1つの市場に成長しています。また、「だーぱんコレクション」もユーザーの皆様と共に新しいジャンルに挑戦をし続け、2,500万ダウンロードを積み上げることができました。

これまで「だーぱんコレクション」をご愛用頂いたすべてのユーザーの皆様に感謝を申し上げるとともに、イグニスはキャラクターとしての「だーぱん」のさらなる普及に努め、多くのユーザーにとって「あたりまえ」のものとなるような、新たなプロダクトの創造に尽力してまいります。

ダウンロード数の集計にあたり、同一ユーザーが特定のアプリを複数回ダウンロードした場合、重複してカウントされておりません。

**「peep」とは、2011年から当社において開発を行ったチャットアプリです。「peep」の開発およびプロジェクト休止の経緯については、下記当社ホームページをご覧ください。

https://1923.co.jp/recruit/rec-message

■「だーぱんコレクション」の累計ダウンロード数とイグニス連結売上の推移

690x300

株式会社イグニス 広報担当
E-mail:info@1923.co.jp

    IR メール配信サービス
    経験者採用多くの職種がオープン!
    新卒採用インターン受付中!